LINEで送る
このページを Google Bookmarks に追加
rss
吉祥寺「にほん酒や」と「魚秀 禅」

昨日は、「酒器道楽」の佐々木 達郎さんと、吉祥寺「にほん酒や」で男サシ飲み。

佐々木さんは、先日のフースタ日本酒セミナーに来てくれて、そこで出会った「にほん酒や」の高谷 謙一さんの店で一献やりましょうということに。

佐々木さんと私は一歳違いで同世代。お互いの20代から40代までのヤンチャな生き様を振り返り、肝胆相照らしました。

佐々木さんは、日本酒と日本酒の酒器を切り口に、「飲み手のあるべき姿」、もっと言えば「日本人のあるべき姿」を追求されてます。キーワードは、温故知新。日本の男たちよ、いまこそ着物を着て日本酒を飲むことがカッコいいのだよ!と。

そんな吉祥寺「にほん酒や」で飲んだ日本酒、どれも最高でした。この店では、お酒の種類によって最適な燗酒を勧めてくれる。勉強になりました。

佐々木さんと別れて、水曜リサーチへ。リサーチ隊と待ち合わせたのは、吉祥寺一番の魚の店「魚秀」、3年目の2号店「魚秀 禅」。

オーナーのドリームシップ社長の満留秀人さんに会いました!
童顔ですが36歳、ほぼ毎週漁師と一緒に漁船に乗って自ら漁をしているとか。

満留さんは、「魚真」で10年修業、独立1号店の「魚秀」はいまや予約取れない繁盛店。この店、勉強になりますよ!

20130502-165100.jpg

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL


コメントする