LINEで送る
このページを Google Bookmarks に追加
rss
「売る」から「伝える」へ

これからの飲食店のミッションは、「いかに料理や酒を売るか」ではなく、「いかに食材や酒の造り手の思いを伝えるか」に移っている。

「売る」から「伝える」へ発想転換をすることが大事。「売る」ことばかりを考えていると、どうしても「店都合」「店目線」になってしまう。

しかし、食材の一つ、野菜なら野菜の生産者の思いを「伝える」。すると客は感動し、他の客に伝えたくなる。ネットに書きこみたくなる。客が客を呼ぶ連鎖はこうして生まれる。

「売る」のではなく、「伝える」こと。飲食ビジネスで勝つための新しいノウハウといえるかもしれない。

今週の「編集長のつぶやき」は、それをテーマに書きました。ぜひ、ご一読ください。

今週の「編集長のつぶやき」

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL


コメントする